運命転換分析論・人生

菊月 孔命
3月18日、土曜日 東京の天候 晴れ 時々 曇り
最高気温15度

あと二日で、春分の日。

天体の順行の春分点は、実際には毎年ズレているが、今年もまた毎年の春分点を おひつじの0度 に定めて12サインの配置をするトロピカル方式の春分点のスタート、つまりは太陽がスタート地点に回帰するソーラーリターンの3月20日がやってくる。

さあ、今日も救済Xの使命を果たすべく、全世界の全民衆に向けてメッセージを書こう。

今日は運命転換分析論を皆様に提供する上で、人生という長い尺度の視野から幸福論を思いつく限り綴ってみたいと思う。

人間の幸福を感じる【基準】は何か?

それは、心の充実感である。

では、人生においての【勝利】とは何か?

これは、自分の敬愛する恩師も、また僕自身も人生を半世紀という道のりを歩んできて実感しているが、これはもう、【自分自身に勝利した人間】がまさしく【人生の勝利者】だと言えると思うし、つくづく心の奥底から実感する次第である。

これは、理想論ではなく・・・というか、一つの【完成】を目指す上での歩みなので、最終的には【理想】という言葉を使うのかとは思うが、人生の正しき軌道を歩む上で絶対の必須条件は、【教育】、そして【自身の学び】が正しい人生の軌道を作っていく【要因】だと僕は常にその事を確信して常に今もそう信じている。

正しき、【教育】と【学び】には、いつの時代にも【教師】と【生徒】、または人生に置いては、【人生の師匠】と【弟子】の関係の中で、その人の人生が荘厳に飾られゆくかが決定するとも言ってよい。

【師弟関係】においては、今の物質的、科学的に豊富で発展した時代からこれを強く述べると、聞く側の人間は、人生経験が貧困だと、この【師弟】という言葉をひどく閉鎖的に思ったり、何らかの精神的に縛られるような【束縛観】を感じる人が今の時代は多いかもしれない。

ただ、よーく、頭を回転させて思考すれば、現実社会も、人間の人格形成や生活の営みでは、人間が生きる社会というものは、根底には【教育】と【学び】、【教師】に【生徒】、そして【師匠】と【弟子】の関係や人間としての慈愛の薫陶で一人一人の人間が大きく成長して人生を開拓して、立派な大人へとすべての民衆が人生を歩んで地域を活性化しようと努力しているのが、明確に視野に現れてくる。

ただ、みんな、頭ではその論理が解っているが、いざ、正統派のように【教育だ・・・】、【学びだ・・・】と、真顔で素直に論じると、なぜだか今の世の中は、それを【正しい】とは素直に思わず、【綺麗ごと・・・】という表現で否定的につっぱねる人が多い時代になったのが、僕としては悲しい現実の結露に思えて仕方がない。

全世界の人々は、全員、心の奥底では【幸福になりたい・・・】と、願ってやまない。

ただ、勘違いをしている民衆もいる。

幸福は、イコール【自由】で開放的な現実なのだと・・・。

自由とは、人間を堕落させる原因を放つ【放縦】の世界とは絶対に違う。
本当の【自由】とは、人生の苦楽、過去の経験と教訓に学び取り、自分を常に律しながら人生を悠々と生きる姿が本当の【自由】と言える。

人間は、心のどこかに、点のような小さな世界で、【幸福】イコール【自由】イコール【楽】という、この三種の語源を一つの線でつなげようとする弱い一念が誰しもの精神と心の中に存在する。

この三つの語源の本当の意味を間違えない人生行路を歩むためには、これは【理想論】や【綺麗ごと】ではなく、間違いなく、自分を常に律し、正しき判断と選択肢を常に追い求め、それを現実の社会や生活の中で忠実に実践する人こそ、【人生の勝利者】だと言える。

幸福の人生は、ただ待っているだけでは【向こう】からはやってこない。

幸福とは、常に【自分でつかみとるもの】であり、充実した幸福感を生活の中で感じるには、苦労と努力をやり抜いた人だけが得られる【環境】であり【心の境涯】だと、皆さんにお伝えしたいと思う。

幸福と苦労は・・・常に隣りあわせだと僕は皆様に言いたい。

それと、人間というのは、つい【弱気な人生】を歩みだすと、何かと【立派そうな人物の生き方】と自分の生き方をすぐに比べたがる【変な心の動き】や癖みたいなのもがあるが、僕は・・・この公開記事を読むあなたが、もし【私は弱い人間なのだ・・・】と、思っていたら、それは大きな【誤り】なのだ、と僕はあなたに言いたい。

まず、この世に生を受けて生まれた、つまり誕生したあなたは、あなたにしか果たせない何か・・・解りやすく説明すれば、あなたにしか出来ないあなただけの【使命】をもってこの世に生まれてきたのだ、と僕はあなたに言いたい。

人の良い部分を自分の度量の中に受け入れ、悪い事は受け入れず、あなたが正しいと思う生き方を常に【選択】して、現実社会に自分なりの努力で【貢献】し、縁する人たちと常に協力や理解や共感を深めながら、あなたらしい【生き方や人生】をこの世の中で演じていけばいいのである。

人生は、自分の思いもしなかった地獄のような渦中の人生に遭遇する時もあるかもしれない。

また、自分の思いとは反して、世間様の眼には、あなたの行動が【間違っているように】思われる時が永遠と続く日が多いかもしれない。

だが、そんな外敵プレッシャーに負けない【 自分づくり 】を永遠と時間が過ぎる人生の中で続けていく中で、素直に実践すれば良いのである。

人生を勝利する本当の【要因】は何か?

これは、僕が世間から【負けている人生】を歩んでいるようにずっと見られてきた僕自身が見つけた本当の【人間の正しき答え】だが、時には結果的に【負ける】かもしれない。

また、ずっと【勝てない】人生を歩み続けるかもしれない・・・。

しかし、これだけは絶対に忘れないでほしい・・・・。

たとえ【結果で負けた】り、【負け続けていた】りしたとしても、【自分の心に負けたら】、それは完全な人生の【敗者】なのだとあなたに言っておきます。

世間に【負け続けていた】としても、【心の中では絶対に私は負けない!】という、固い【信念】と【決意】、それに【勇気】と【未来への希望】を絶対に忘れないで人生を【生き切る人】こそ、本当の【永遠の人生の勝利者】なのだ、と僕は苦労した経験からあなたにそれを伝えられる。

世間の他人様が、たとえ【幸福】で【裕福】に見えたとしても、それに臆したり動揺したりしないでもいいのだ。

その人は、そういう【生き方の使命の人】なのだから、人と比べる事は絶対にしないでいいのだ。

僕の恩師はよく言っているが、今の現代人は【桜梅桃李】という言葉を使う人が、今は本当に少なくなった。

また、その本当の【人生に置いてのその意味】を知る人も少なくなったように僕は思う。

桜には桜独自の個性があり、梅には梅の個性があり、桃には桃の個性があり、李(すもも)にはすももの個性があるのだ。

またこれらは、生き方も人生の輝きも美しさも皆それぞれ違うが、みんな独自の【個性】で人生に輝きを放っている・・・・。

あなたも、その生き方でいいんです。

決して、【裕福】や【立派】そうに見える人と、【同じような真似る】生き方はしなくていいんです。

どこまで行っても、あなたの人生は、あなたの使命でしか【飾れない】のです。

あなたの【正しい】と思う、【信念】、【決意】、【勇気】、【負けじ魂】、そして【選択肢】で人生を素直に生き抜けばいいんです。

この公開記事を読む【あなた】と共に、日々、新しい【決意】で、共々に社会と人生に【貢献】したいですね。

共に、自分なりの背伸びをしない【努力】で常に人生を前進していきましょう。
本日の、運命転換分析論・人生 は、幸福論から観る、人間の【負けじ魂】を論じました。

次の人生の幸福論も人間学のお話をずっと綴っていきたいと思います。

また、更新したら【素直な心】で、僕の公開記事を読んでくださいね。

今回はこの辺で・・・。

今回も僕の幸福論の公開記事を読んでくれてありがとうございました。

この幸福論を読むすべての方々の幸せを祈りつつ・・・・。

救済X-主宰- 菊月孔命




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。