全世界の全民衆の方々へご挨拶

菊月 孔命
2017年2月17日、金曜日
東京の天候、晴れ 時々 曇り 最高気温18度。
本日、やっとこのサイトもほぼ完成に近づいたので、本日、観覧する全皆様に、ご挨拶をしたい。
この新規投稿の記事は、サイトの【ご挨拶】として使用したいとも思っている。

全世界の全民衆の方々へご挨拶

インターネット無料サービス連盟、救済X-エックス-のご観覧の皆さん、本日は当サイトにアクセスしてくださり、誠にありがたく思う次第であります。

僕は、占い師、西洋占星術研究家、そして、当サイトの管理人の菊月孔命(Koumei Kikuduki)です。

今日は、僕と一緒に、ちょっとだけ【人間の運命と幸福】について考えてみませんか?

生命という存在は、実に【偶然】が重なり合ってできた運命の【芸術作品】の賜物であります。

しかし、日々の生活での我々の裸眼の世界からの視野では、その生命の実態の現象をいつも目にしていても、現実問題としては【生命という存在】を実感するのには、あまりにも心の境涯が低すぎて【その存在】をなかなか認識と実感するには至りません。

我々、一個人の立ち位置から観た時、【地球】、そして【宇宙】の存在はあまりにも大きく、その存在をさらに実感するのには難しい次元の観念が人間の【生命体】という物ではないでしょうか?

現代の科学が進んだ時代の中では、人間は、頭の中では我々の存在は【生命】であり、【偶然が折り重なる運命の産物であり生命の芸術作品】だと、理解はしています。

しかし、宇宙大のマクロコスモスから観たミクロコスモスである我々の星屑の存在はあまりにも【極小で小さく】、永遠の生命から観た人間の生涯はあまりにも【短すぎる時間帯】だという事は厳然たる事実であります。

では、なぜ人間と言う物体は、宇宙の銀河系の中の太陽系、そして、その太陽系の中の地球という美しい水の惑星に生まれてきたのでしょうか?

しかし、その【謎】を解明し、解読し、そして、具体的に解りやすく民衆に説明できる人は、残念ながらこの地球上の中には一人も存在しません。

また、僕の生涯が終わる瞬間の時も、まだその謎は解明できない、と僕は思います。

この地球に生まれてきた人間は、小さな【縁】に心が大きく【揺れ動く存在】です。

その人間が【縁するもの】とは、まさしく運命が創り上げる【人生の芸術作品】の事であり、人間が絶対に逃れられない【宿命】であるとも言えます。

僕はこの世に生まれてきて半世紀を過ぎましたが、半世紀を生きてきて思ったことがあります。

それは、人間の人生の中にこそ、【生命の存在を解き明かす、すべての謎が隠されている】と・・・・。

時間という認識は、人間が【作り上げたもの】ではありますが、宇宙の【運行】と、その中に包括される人間の人生は、ある次元の角度から見つめるならば【宇宙の運行】であると言えるでしょう。

では、【宇宙】は、どういう未知の未来に向かっているのでしょうか?

僕が半世紀生きて出したその答えは、宇宙という生命体が未来に向かうところは、究極は【無の世界】であると僕は、そう感じています。

つまり、【無の世界】とは【死の世界】であり、また、生命が新しく生まれ変わる瞬間を創り上げる【時】を迎えるのだと僕は思います。

宇宙は、誕生から膨大な時間を運行して【死】を迎え、また新しく【生まれ変わる】のだと僕はそう確信しています。

その【不可思議な方程式】は、よく深く思考すると、行きつくところは、ミクロコスモスである時間的に凝縮された人間の生涯に思えてなりません。

人間の一生も、【生きている間】は、エネルギーを最大限に燃やし尽くし、そして、時と運命、さらには【その時代】のすべての使命が終了したときに【死】というものを迎え、次の【生】の準備をするために一旦【死】という形をとり、我が生命と大宇宙が【融合】して、次の【生】への【縁】を待つのだと僕はそう確信します。

人間の一生たる時間は、本当に短い、と、半世紀生きた自分はいつもそう思います。

若き二十歳の頃は、こんな事など一切考えた事もありませんでした。

そう考えた時、【人間の幸福】は、本当に重要な意味を持つことになります。

人間の生涯は、【今という瞬間をいかに充実的に過ごすか?】が、最大の人生のキーワードになると、僕はそういつも確信し実感しています。

皆さんもご承知の通り、人間の幸福はお金では買えません。

幸福をつかむためには、どこまで行っても、究極のところは【自分の力】で開拓しないと幸福はつかめない、というのが本当の真実の姿であります。

人間は、幾たびの【失敗】と【成功】を繰り返し、その人なりの【幸福感】を創り上げます。

その人生の荒波の中では、時として暗礁に乗り上げ、過酷な困難に悩む時もあるかと僕は思います。

その【人生の困難の運命に悩む時】に、僕は【お手伝い】をしたいと思い、【インターネット無料サービス連盟、救済X】という存在を創り上げました。

今を生きる占い師たちは、【人生を生きるため】に、占いを一つの【道具】として、その結果を人々に提供しています。

でも、よーく、考えると、本当にそれでいいんでしょうか? と、僕は皆さんに問いかけたい。

幸せをつかむための本当の道具という真実の姿は、【お金には代えられない人間の優しさの中】にだけあるのだと、僕はそう日々確信しています。

だから僕は、完全無料であなたにその幸せの【道しるべ】の論理をご提供したい。

僕は、自分の残りの生涯を全世界の人々の苦の運命に使い果たそうと決意しました。

僕は、あなたと一緒に、【そのあなたの苦の運命】と闘いたい。

僕の考えた【完全無料のサービス】を存分に利用していただけることを願い、そのご提供した結果を【参考】に、幸福をつかむ【ひとつのヒント】となれば、僕も本望だと思う次第です。

あなたの【幸せ】を毎日、心から祈っています。

これからも、地球上の【全民衆に喜ばれる完全無料のサービス】をどんどん世の為に提供していこうと考えています。

あなたの思う僕の【完全無料のサービス】を、存分に利用していただけたら嬉しく思う次第です。

あなたの人生に幸福あれ!

幸せになってください。

占い師、西洋占星術研究家、菊月孔命(Koumei Kikuduki)より。
2017年(平成29年)2月17日金曜日 PM3:11 運命の瞬間にて・・・。
全世界の全民衆の方々へ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。